NFTアートの購入/販売方法

知名度上昇中のNFT(非代替性トークン)ですが、中でも注目度が高いのはアート作品です。
高価な価格をつけてニュースになるようなNFTの大半が、NFTアートだからです。

NFTアートを購入したり、販売したりするためには、どのようにすればいいのでしょうか。

最初に「元手」を用意する

まずやるべきことは、取引に必要な「元手」を作ることです。
そのためには、取引で利用する仮想通貨と、仮想通貨を管理するウォレットが必要です。

取引所で仮想通貨を入手する

NFTアートの取引が行われているマーケットプレイスは、法定通貨が使えません。
日本円で支払いを行いたいと思っても、できません。

取引を行うためには、マーケットプレイスで使用可能な仮想通貨を入手する必要があります。

一番のおすすめはイーサリアム(ETH)です。
OpenSeaなど大手マーケットプレイスは、ETHでの決済が基本となっているからです。

まず、仮想通貨取引所に日本円を振り込み、ETHと交換しておきましょう。
仮想通貨取引所にアカウントを持っていなければ、新たに作る必要があります。

ETHは仮想通貨の中では時価総額2位と、比較的メジャーな銘柄です。
日本の仮想通貨取引所でも、ほぼ間違いなく取り扱っていますので、好きなところにアカウントを作ってOKです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • BTC取引量国内No.1!!
  • 最短即日取引可能!
  • 初心者でも分かりやすい取引画面

ウォレットを作成する

ETHを購入しても、そのままではNFTマーケットプレイスでの売買はできません。
取引を行うためには、マーケットプレイスに対応したETH系のウォレット作成が必要です。

おすすめのウォレットは、メタマスクです。
OpenSeaをはじめ、多くのNFTマーケットプレイスで使えるのが理由です。

まず、PCのブラウザでメタマスク公式サイトにアクセスするか、スマホのアプリを入手。
必要事項を入力すれば、メタマスクのアカウントは無料で開設できます。

前もって入手しておいたETHを、メタマスクに送金しましょう。
この時にアドレスを間違えるとETHが消滅しますので、注意が必要です。

NFTアートの購入方法

NFTアートを購入するためには、マーケットプレイスにアカウント開設が必要です。

OpenSeaの場合は、トップページで「Create」を選択します。
利用できるウォレットの一覧が表示されますので、その中から持っているものを選びます。

そうすると、ウォレットが接続され、取引が可能となります。

出品されているNFTの一覧を見て、その中から欲しいものを選んでクリックしましょう。

決められた価格で購入できるものと、現在よりも上の価格で入札するものがあります。
値段が釣り上がるのは後者なので、入札に当たっては注意が必要となります。

購入もしくは落札が決定すれば、晴れてNFTアートが入手できます。
あらかじめ必要額のETHをウォレットに入れておきましょう。

NFTアートの販売方法

では、NFTアートの販売はどのようにすればいいのでしょうか。
NFTを作るのは難しそうに感じるかもしれませんが、意外と簡単です。

出品作は今まで通りの作り方で良い

結論からいうと、NFTアートであっても作品そのものの作り方は変わりません。

Photoshop、Illustrator、GIMPなどを使って画像データを作成することは同じです。
実写画像が必要な場合も、カメラやスマホ、タブレットなどで撮影したものを使います。

今まで通りのツールで、今まで通りの作り方をすればいいのです。
NFTだからといって、あらかじめ特別なことをする必要はないというわけですね。

出品する時点でNFT化される

では、どの時点で作成した画像がNFT化されるのでしょうか。

それは、出品するときです。

まず、作成した画像をマーケットプレイスにアップロードします。
その際、アイテムの名称など必要事項を設定します。

購入者だけが入手できる追加コンテンツがある場合、その設定もここで行います。
登録が完了すれば、その画像は既にNFT化されています。

登録が完了したら、販売方式を選びます。
販売方式には、固定価格型と、オークション型の2種類があります。

固定価格型は、あらかじめ価格を決めておくので、売れた場合にはその金額が得られます。

これに対してオークション型は、設定できるのは初期価格です。
その後、新たな入札者が出るたびに、価格は上がっていきます。

どちらがおすすめかは、ケース・バイ・ケースです。
クリエイターとして一定の知名度があり、高価格が期待できるのならオークション型です。

一方、まだ知名度が低く、販売実績を作りたいのなら、固定価格型がおすすめになります。

まとめ−購入/販売そのものの敷居は高くない

NFTアートの購入方法

  1. ETHを購入する
  2. NFTマーケットプレイスにアカウントを作成する
  3. 購入する
NFTアートの販売方法

  1. 今まで通り作品を作成する
  2. NFTマーケットプレイスに出品する
    ここでNFT化される!

このように、NFTアートの購入や販売は、それほど難しいものではありません。
必要最低限の仮想通貨の知識があれば、購入や販売は誰でもできます。

ただ、作品が売れるかどうか、高価格がつくかどうかは、アート制作者次第です。
健闘を祈ります。

NFT技術を使った全く新しいマーケットプレイス誕生!

暗号資産で買い物ができるcryptomall(クリプトモール)

クリプトモール

クリプトモールは、12種類の暗号資産(仮想通貨)で決済が可能なECサイトです。
最大のポイントは高額な「ニセモノ・パクリ商品」を購入してしまうリスクがないこと。

今話題沸騰中のNFTを活用した、独自開発の真贋証明システムを商品に導入!
ニセモノの販売が一切できないようになっています。

ロレックスやランゲなど、唯一無二のホンモノの高級時計を手に入れることが可能です。

クリプトモールの特徴
  • 世界最大規模の商品数を誇る暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール
  • BTCで買い物ができる!
  • 唯一無二のホンモノのみが流通!

値動きとに合わせて利用することで効率的な資産運用が可能です!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です