今後予期されるハードフォークコインに対するビットバンクの対応方針

ビットバンクは今後発生が予期されるハードフォークコインについての対応方針を発表しました。

主な対応としてはハードフォーク発生時にユーザーが保持する資産のスナップショットを取得し、条件をクリアしている方のみにハードフォークされたコインの割り当てを行うとのこと。

現在確認済みの予期されるハードフォークコインは下記となります。

ビットコインダイヤモンド
ビットコインプラチナム
スーパービットコイン
ビットコインキャッシュプラス

なお、下記2点のハードフォークコインは現段階だと不明となっています。

ビットコインウラン
ビットコインシルバー

今後予想されるハードフォークコインの発生に関して事前にユーザーへ伝え、事前通知を行わないコインについては関与しないと述べています。

尚、12/1現在ビットバンクでは仮想通貨交換業登録記念[全ペア取引手数料]ゼロ”キャンペーンを開催中

引用元:今後発生が予期されるハードフォークコインに対するビットバンクの対応方針について

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です