タイのアユタヤ銀行がRippleネットワークで世界初のリアルタイム国際送金を実現

米カリフォルニア州のRipple, Inc.はタイ大手銀行が国外の事業者がRippleネットワークを活用してリアルタイム国際送金を可能としたことを発表しました。

米リップル社は2017年12月18日に公式サイトにて、タイの「アユタヤ銀行」がリップルの法人向けブロックチェーンネットワークを活用し、東南アジアの大手石油化学会社が国外のクライアントへリアルタイムで国際送金することを可能にしたことを発表しました。

事業会社向けリアルタイム国際送金は、タイ国の金融機関においては初となる事例です。

なおアユタヤ銀行の後藤謙明最高経営責任者は

「私たちは長年の重要パートナーである大手石油会社から信頼を得て、海外取引パートナーとの間の国際送金にRippleNetを活用することにしました。」

とコメントしています。

タイの大手銀行がRippleNetを活用して国際送金を迅速化


その他のリップルニュース
XRP/JPY が80円を突破してますます注目が高まっているRipple!
リップルの話題と「リップルを購入できる取引所」情報はこちらから!
リップルが高騰中!80円に到達

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です