ベネズエラでビットコインのマイニングをする人が急増

ベネズエラでは大量のコンピューターを動かして秘密警察にばれぬようひっそりとビットコインのマイニングを行う人達がいます。

基本的にマイニングは電気代が安い地域で産業的に行われることが多くあります。
ベネズエラでは現在インフレの影響により自国通貨の価値がどんどん下がっています。

自国通貨に頼れなくなった今、ビットコインによる仮想通貨で稼ごうと動いている人達がいます。

なおベネズエラでは電気代に助成金が出ているのでほぼ無料で電気を使えます
そのため、マイニングでネックとなる電気代の問題が解消されています。

ベネズエラでマイニングすること自体違法ではないのですが、
マイニングには多量の電気を使うため、電気の異常値を検知すると諜報機関が強制捜査を行うことがあります。
そのため諜報機関にはばれぬように機器を分散したり、サーバーを海外に設置することで監視から逃れているようです。

またベネズエラ国内ではビットコインによる支払いを受け付ける人々も増えてきています。
ビットコインの支払い方法を受け付けることでベネズエラの助けになるかもしれないと考えているようです。

引用元:Venezuelans use bitcoin ‘mining’ to escape inflation

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です