モナコインで攻撃発生 Block withholding attackによるReorgを検出

モナコイン(MONA)のチェーン上で悪意あるReorgがされたとして、正しい送金がなされないなどの被害が出ています。

各取引所の対応

リオーグ(Reorg)とは?

Reorg=Reorganization

日本語訳としては「再編成」と言う意味です。
今回のモナコインの件では、PoWのコンセンサスアルゴリズムを根拠として、正しいとされていたチェーンのつながりがより大きなチェーンによりReorgがなされ、ユーザーが意図しない送金履歴が「正」とされてしまいました

国内での被害報告はなし

5月18日現在、日本国内の取引所では被害の報告は出ていないようです。
現状確認されている被害額は日本円にして1,000万円程度とのことですが、取引所へ向けたハッキングとは違いブロックチェーンへの攻撃という事実から、ユーザー間の衝撃は少なくありません。

ツイッターの反応

仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう!

Ledger Nano S(レジャーナノS)

  • ハードウェアウォレットだから仮想通貨資産を強固なセキュリティでガード!
  • ビットコイン、イーサリアムをはじめリップルなどの人気通貨にも幅広く対応!
  • 使いやすく、持ち運びにも便利な大人気のハードウェアウォレット定番アイテム!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です