【セカンドセール開催中!】NAMCOIN(ナムコイン)はAIとブロックチェーンを駆使した医療系ICO!【ICO情報】

2018年5月21日追記!

医療系プロジェクト「NAM」のセカンドセールが5月20日から開催されています!

NAMセカンドICOの特徴!

トークンの販売期間 – 早期ボーナスが付き!

  • Stage 1
    05/20 – 06/04
    1 ETH = 35,261 NAM
  • Stage 2
    06/05 – 06/15
    1 ETH = 30,849 NAM
  • Stage 3
    06/16 – 06/26
    1 ETH = 27,419 NAM
  • Stage 4
    06/27 – 07/07
    1 ETH = 24,675 NAM
  • Stage 5
    07/08 – 07/18
    1 ETH = 22,431 NAM
  • Stage 6
    07/19 – 07/29
    1 ETH = 20,560 NAM
  • Stage 7
    07/30 – 08/09
    1 ETH = 18,978 NAM
  • Stage 8
    08/10 – 08/20
    1 ETH = 17,622 NAM
ICOは期間を分けて開催されていますが、早期の場合にはボーナスが付いています。

参加をお考えの方はぜひ早めの参加をおすすめします!

NAM COIN公式サイトはこちら

LINEの「購入サポート」あり!

前回と違うのは、ICOの参加方法、NAM COIN(NAM TOKEN)の購入方法を「LINE」で聞くことができます。

ICO初参加で、参加方法がわからないという方にも安心な対応になっています。

初回販売後の活動が動画で見れる!

前回のセール後のミートアップ動画がYouTubeにて多数アップされています。

NAMの購入をお考えの方はぜひ目を通してみてください。

2018年5月21日追記部分終了

NAMのセカンドICOについての追記は以上です。

それでは、ここから前回の記事、NAM COINの特徴や著名人、媒体によるNAMの紹介についてお話ししていきますので、NAMに興味のある方はぜひご一読ください!




ICO終了は3月28日まで!
2018年5月20日から、セカンドセールが開始しています!

数あるICOの中でも現在特に注目されている医療プロジェクトのICO「NAM COIN」。

ホリエモンこと堀江貴文さんが興味を持ち、また日経新聞など様々なメディアでも取り上げられています。

本記事ではそんなICO「NAM COIN」について解説します。

NAMCOINとは?

NAMCOINの概要

トークン名NAM
単位NAM
総発行数120,000,000,000 NAM
(1,200億NAM)
販売総数60,000,000,000 NAM
(600億NAM)

NAM COIN公式サイトはこちら

チームメンバー

プロジェクトリーダーは「中野哲平」氏で、慶應義塾大学医学部に在学中にGoogle DeepMind後援のNIPS 2015 Workshop on Machine Learningにて学生賞などを受賞、卒業後は経産省管轄 IPA 独立行政法人 情報処理推進機構に勤務。

その後平成29年10月3日に株式会社NAM Asia Hong Kongを立ち上げています。

僕らは医療の根本的な革命を狙っています。
そもそもなぜ医療は病院でしか受けられないか、なぜ保険に入り病院に行くと、一見確からしい治療が受けられるのか。
そしてなぜ人は原因がわかっている病気になってしまうのか?
これらの問いに全て革新的な技術で答えていきます。
そして、人工知能は「病気になる確率」というのは教えてくれます。

引用 : 代表挨拶

NAM COIN公式サイトはこちら

プロジェクトの概要

NAMのプロジェクトは下記の内容となっています。

  1. 問診BOTで病気の早期発見
  2. 人口知能(AI)を利用して、病気を未然に防ぐ
  3. 病気にならない為の薬・食品の提案
  4. カルテや点数計算など医療従事者側の作業を効率的に

NAM COIN公式サイトはこちら

問診ボット ドクターQ

  • 忙しい現代人へ
    弊社の問診ボットは病気を推定するだけではなく、あなたの症状から「今すぐ病院に行った方が良いか」「寝てれば治るのか」「薬を飲んだ方が良いか」などの緊急度をお伝えします
  • 医療にアクセスがない方へ
    医療は宝くじと違い、100人中100人を救う必要があります。
    街に住んでいる人のみならず、山間部や離島に住んでいる人に医療を提供するのは、医師の義務の一つです。
    病院から遠くに住んでいる人は、病院に行くのは一大決心です。彼らが「病院に今すぐ行くべきか」などの緊急性をドクターQは提示することができます。
  • クリニックとの連携この問診ボットはクリニックと連携することで、ボットからクリニックのカルテを見ることができます。
    また医師がボットを使うことで、患者の経過を医師が把握することができ、患者さんも安心してアフターフォローを受けられます。

NAMでは問診ボットの「ドクターQ」を使って問診を行います。

成人でも「不調を感じるけど、わざわざ病院に行くほどでもないよなぁ。」といった悩みや、小さい子供の病気の兆候を、他の病気をもらうリスクを抱えて病院まで行く、または病院が少ない、もしくは存在しないような土地に住んでいても問診してもらうことができます。

NAM COIN公式サイトはこちら

深層学習とブロックチェーンを用いた次世代カルテ

  1. カルテの記載 => 医師と患者の会話からAIで自動で入力
  2. 過去の情報の整理 => 自然言語処理を使い、カルテをAIが自動要約
  3. 保険点数の確認 => 保険点数のデータベースに基づき、自動で加算可能な点数をAIが表示
  4. 国による診療報酬の審査 => 2ヶ月かかる診療報酬の請求をAIが正しい請求かを自動で判断

電子カルテの導入や保険点数の自動計算、診療報酬の支払いスピードの改善化などを、人工知能(AI)とブロックチェーンを活用して解決します。

NAM COIN公式サイトはこちら

データに基づいた最先端の予防と健康管理

データの蓄積や参戦たんの人工知能の機械学習から、糖尿病や肝硬変などの病気になる確率を計算してくれます。
さらに、そのような病気にかからないための薬の選別、健康食品の提案・提供を目指しています。

それらの健康食品などは全てNAMCOINで利用することができます。

NAM COIN公式サイトはこちら

NAM COINが紹介されているメディア情報

引用 : 医療ベンチャーのNAM、ICOで100億円の資金調達へ–AIを使った次世代診療とは

NAM COIN公式サイトはこちら

現在の医療現場が抱える課題のひとつに、医師が患者の経過を把握することのむずかしさがある。
患者は、経過が良好なときには医師への報告をしないことが常になっており、自覚症状が少ない慢性疾患では、自己判断で治療を中止してしまうこともまま見受けられる。

その一方で、患者は自分自身の医療情報を持つことがむずかしいという現状もある。
お薬手帳はスマートフォンで持ち歩こともできず、カルテを閲覧するのも困難だ。

映像通話を用いる遠隔診療で保険診療を行うことが可能になったが、相手の顔を見て会話を行って診療をしなければいけないという制約があり、まだまだ医師が患者の経過を手軽に収集できるという状況にはいたっていなかった。

NAMが提供するチャットボット型電子カルテ「ドクターQ」は、こういった医師と患者双方の課題を解決するため、「ドクターQ」のシステムは、利用者となる患者と医師、それぞれのための機能を兼ね備えている。

引用 : 「チャットボット型電子カルテ」は医師と患者のコミュニケーション問題をクリアする!医療系AIスタートアップのNAMが提供を開始 | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア

NAM COIN公式サイトはこちら

医療機関にとっては直接対面しなくても患者の情報を得られるメリットがあり、患者も自動応答プログラムから問診を受けることや、自分自身のカルテを閲覧することができる。

具体的には、LINEのチャット機能に患者が症状を書き込むと対処方法をAIが回答する。症状によっては医療機関での受診を勧めるが、ほかの医療機関を受診しても、電子カルテを見せれば適切な診療を受けられるという。

引用 : NAM、AI活用の電子カルテ LINEで症状書き込むと回答 – SankeiBiz(サンケイビズ)

NAM COIN公式サイトはこちら

NAMはAIとブロックチェーンを組み合わせるなどして、現在の医療システムに変革を起こすことを目指しています。
現代の医療システムにおいて、特に患者のカルテ連携や医療費の請求サイクルの構造を見直し、問題の解決を図ります。

NAMの提供するシステムはカルテ連携から、僻地医療、医師間の連携、最先端のAIモデルの導入などの基盤となるシステムであり、次世代の医療に大きな成果を上げられると考えています。
本システムをプラットホームとして拡張するには、複数の病院との連携、サーバーの強化、人材の確保を含めた莫大な開発費用と設備費用が必要です。

誰もが平等に本システムを導入し、医療サービスを利用できるように無償提供する計画で、そのためにICOを実施します。

引用 : 医療系AIベンチャー企業のNAM 12月24日、ICO(仮想通貨技術による資金調達)実施 国内外から100億円の資金調達を目指す- 記事詳細|Infoseekニュース

NAM COIN公式サイトはこちら

「ドクターQ」は、頭痛や腹痛など日常的に起きる症状をAIが問診する。
例えば頭痛の場合、いつ発症したかや、痛みの程度など数十種類の項目から原因を絞り込んでいく。
症状が重い場合は医療機関での受診を勧める。症状が軽い場合は、改善するための対処法などを教えてくれる。

医療機関や医師との連携も進め、受診や薬の処方履歴などの情報を独自の電子カルテに集約する。
新たな医療機関に受診した際に電子カルテを見せれば、適切な診療を受けることにつながる。
提携する医師と直接やり取りしたり、診療予約したりできる有料サービスも提供する。

引用 : NAM、AIで健康相談 医師紹介や予約も  :日本経済新聞

NAM COIN公式サイトはこちら

弊社(微博日本株式会社)は、1月25日、仮想通貨業者NAMアジア香港と業務提携を行いました。

引用 : NAM COINと業務提携 – 微博(weibo)日本

NAM COIN公式サイトはこちら

NAM COINに対するTwitterの声まとめ

NAM COIN公式サイトはこちら

ICO情報まとめ

NAM COIN

  • 医療をAIとブロックチェーンで効率化!
  • 通院しなくても問診できる「ドクターQ」が話題!
  • 発行されたNAMで健康食品を購入できる!

国内のおすすめ取引所

DMM Bitcoin

  • 合計14ペアによる多彩なレバレッジ取引が魅力!
  • BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHの7種類のメジャー仮想通貨を取り扱い!
  • 今だけDMM Bitcoinリリース記念キャンペーン開催中!新規登録でもれなく1,000円もらえる!

GMOコイン

  • 手数料が無料で即時入金可能!セキュリティも国内取引所最高峰!
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルなど合計5種類の通貨を豊富にラインナップ!
  • 追証なし・手数料無料の仮想通貨FXが魅力!レバレッジも国内最大の25倍対応!

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

  • キャピタルゲイン手数料によって実現した「追証なし」のFXが魅力!
  • FXに特化した機能的なチャートで24時間365時間、いつでも取引可能!
  • 先物取引のBTC FXでロングもショートも自由自在!最大3ヶ月ポジションを持てる!

bitbank.cc(ビットバンク)

  • 人気のXRPやMONAを取り扱うセキュリティ万全の国内取引所!
  • 板取引で指値注文できるからどこよりも安くリップルやモナコインが買える!
  • 取引手数料「0円」キャンペーンが継続中!!の今が登録のチャンス!

Zaif(ザイフ)

  • 現物取引はマイナス手数料だから取引すればボーナスがもらえる!
  • ユーザー同士で指値・成行の板注文ができる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

  • クイック入金24時間365日対応!スマホで取引も可能!
  • スプレッド幅が小さい!さらにレバレッジ最高25倍!
  • QUOINE社の国産ICO「QASH」が124億円の資金調達に成功して話題に!

BITPoint(ビットポイント)

  • 取引&送金手数料無料!ビットコインはもちろんリップル(XRP)の取り扱いもあり!
  • レバレッジ最大25倍!さらに「MT4」も使える!スマホ&PCの取引ツールも豊富!
  • 「損益計算ツール」が使えるので初心者から上級者まで安心して取引できる!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です