【速報】BITPoint(ビットポイント)がハッキング被害!35億円流出!

ビットポイントがハッキング被害を受けたことを発表しています。

被害額は約35億円 – BITPoint

今回の不正な流出の対象となった仮想通貨の数量、流出額については詳細を調査中でありますが、流出額は概算で約 35 億円(うち、お客様からの預かり分約 25 億円、BPJ 保有分約 10 億円)(換算レートは 2019 年7月 11 日 16 時時点の価格)と、現時点では見込んでおります。なお、詳細が判明次第、速やかに公表いたします。

なお、BPJ がホットウォレットで管理している仮想通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄であります。

引用 : 当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント

現在判明している被害額は約35億円に上る見込みで、うち25億円は顧客の預かり資産とあります。

流出発覚までの経緯について

経緯
今回発生した事実とその対応につきましては、以下のとおりであります。

2019 年7月 11 日 22 時 12 分頃 リップルの送金に関するエラーを検知。BPJ の情報システム部門等で対応開始。
22 時 39 分頃 リップルの不正な流出を確認。他の仮想通貨の流出の有無の調査を開始。
2019 年7月 12 日 2時 00 分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。
3時 00 分 BPJ にて緊急会議を実施。
6時 30 分 BPJ における仮想通貨の送受金を停止。
10 時 30 分 仮想通貨の売買・交換を含む、BPJ の全サービスを停止。

引用 : 当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント

最初に流出に気付いたのは7月11日の22:12、最初に送受金停止の対応を行ったのが翌6:30とあります。

過去に他の取引所で発生したハッキング事件のように、今回の補償は仮想通貨で行われるのか、もしくは日本円で行われるのかなど今後に注目が集まります。

Coincheck(コインチェック)

  • 国内トップクラスの豊富な通貨取扱い数が魅力!
  • 「貸仮想通貨」なら最大年率5%が貰える!
  • マネックスG傘下で安心の国内老舗取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です