連邦地裁が自称サトシ·ナカモトを詐欺と判断

米連邦地裁はビットコイン創設者サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト氏が虚偽の証言を行ったとの判断を下しました。

「ライト氏は司法に反する」 – 米連邦地裁

I have found that Dr. Wright intentionally submitted fraudulent documents
to the Court, obstructed a judicial proceeding, and gave perjurious testimony. No conduct is more
antithetical to the administration of justice.


「ライト博士は、意図的に詐欺的な文書を裁判所に提出し、判決のプロセスを妨げ、証言で偽証した。司法にこれほど反するものはない」

翻訳引用 : Cointelegraph Japan

複数メディアが報じているところによると、米連邦地裁はライト氏にマイニングで得た利益のうち亡くなった元パートナーの取り分である50%を遺族へ譲り渡すよう命じました。

その中で判事は、ライト氏が元パートナーの遺産を巡る訴訟で、偽の文書を提出し虚偽の証言を行ったと判断しています。

また過去の裁判で不確定な情報が拡散されたことを懸念してか、念を押すように「裁判所はクレイグ·ライトがサトシ·ナカモトかどうかを決定するかどうかを求められてはいない」としています。

国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱数!

Coincheck(コインチェック)

  • 国内トップクラスの豊富な通貨取扱い数が魅力!
  • 「貸仮想通貨」なら最大年率5%が貰える!
  • マネックスG傘下で安心の国内老舗取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です