COMSAのCMSがYobit.Netへ上場!それに伴いCMSトークンの価格が急上昇!

COMSAのCMSが海外取引所「Yobit.Net」へ上場して話題になっています。

2017年12月21日の0:00過ぎにCOMSAの「CMS」トークンがYobit.netへ上場しました。

その影響でCMSを扱っているZaifでも価格が上昇し一時 1CMS が 500円 に達する勢いを記録しました。

またYobit.net内では CMS/BTC のBTC建て取り引きのみが可能ですが日本円で計算した場合の400円台で取り引きされていることからCMSはZaif以外の取引所への上場も順調な滑り出しを見せています。

Yobit.net公式サイトはこちら

なお、上場をアナウンスしたのはYobit.netの公式Twitterアカウントのみでテックビューロ社およびZaif、COMSAからの正式な発表は21日10:30時点ではまだなく、また上場したCMSが「ERC20」なのか「MOSAIC」なのかも不明なことに加えて、Yobitの運営会社が不透明なことについての懸念の声も上がっています。




日本国内でCMSが買えるのは「Zaif」(ザイフ)だけ!

Zaif(ザイフ)

  • 人気のCOMSAの「CMS」トークンが買える取引所は「Zaif」だけ!
  • 現物取引はマイナス手数料だから取り引きするほどBitcoinがもらえる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です