テックビューロがZaifのデータをブロックストリームとICEのデータフィードへ提供することを発表

テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)のデータを、カナダのブロックストリームと米ICEの統合データフィードへ提供することが発表されました。

2018年1月18日23時に仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するTech bureau Corp.(テックビューロ株式会社)がプレスリリースを発表しました。

報道関係者各位

テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、ブロックストリーム・インク(本社:カナダ・ケベック州、CEO:アダム・バック、以下「ブロックストリーム」)と、インターコンチネンタル取引所(本社:米国ジョージア州、CEO:ジェフリー・シュプレッヒャー、以下「ICE」)が新たに開始する暗号通貨取引向け統合データフィードに、仮想通貨取引所「Zaif」のデータを提供する事を発表します。

ブロックストリームは ICEデータサービス向けに、テックビューロの運営するZaifを含む世界15以上の仮想通貨取引所から、ビットコインや主要暗号通貨の価格やオーダーブックなど広範な情報を取得し、リアルタイムでデータを提供します。

「暗号通貨データフィード」は、各取引所における出来高や価格、数量、通貨、タイムスタンプなどのデータをアメリカドルや主要な法定通貨建てで表示するサービスです。各取引所がそれぞれ異なるデータセットで保有するこれらデータをブロックストリームがリアルタイムで取得・統合するため、 ICEデータサービスの顧客は低レイテンシーでこれら情報フィードを受信する事ができるようになります。

引用 : PR TIMES – 仮想通貨取引所「Zaif (ザイフ)」がブロックストリームと、インターコンチネンタル取引所へ、リアルタイムの暗号通貨情報を提供|テックビューロ株式会社のプレスリリース

またブロックストリーム側も公式Twitterと公式サイトにてアナウンスしており、それによると日本国内の取引所では「Zaif」の他に「bitbank」、「BTCBOX」、「Coincheck」が記載されていることが確認できます。
Blockstream – The Intercontinental Exchange and Blockstream to Deliver Consolidated Bitcoin Trading Data Service

Blockstream, Inc.(ブロックストリーム)

ブロックストリームとは、Bitcoin(ビットコイン)のセカンドレイヤー「サイドチェーン」について開発を行っているカナダの企業で、オープンソース・プロジェクトである「Bitcoin Core」(ビットコインコア)の主要開発者らが所属していることでも有名です。
ICE
Intercontinental Exchange(インターコンチネンタル取引所、ICE)とは、米アトランタに拠点とした株価指数、外国為替をはじめ貴金属、農産物、エネルギー、排出権などを扱う電子取引所を運営しており、世界最大の株式市場であるニューヨーク証券取引所(NYSE)を傘下に収めています。

国内取引所「Zaif」で取引をはじめよう!

Zaif(ザイフ)

  • 現物取引はマイナス手数料だから取引すればボーナスがもらえる!
  • ユーザー同士で指値・成行の板注文ができる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!
  • 国産ICOプラットフォーム「COMSA」や、「mijin」など常に業界の最先端を走る取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です