bitFlyerのSegWit2x延期声明に対する見解と対応方針について

11月9日にビットコインのブロック高494,784からハードフォーク予定だったSegWit2xが一時中止となりました。
SegWit2xのプロジェクトは延期と発表されています。

bitFlyer側はブロック高494,784の前後において、ビットコインの預金/送金サービスを一時停止する予定は無しとのこと。
通常通りbitflyerの全サービスを利用できます

なお同社はビットコインのブロックチェーンにおける送金手数料高騰問題を解決するためSegWitを重要と考え、引き続きSegWit2xの開発や進捗状況を分析して対応方針を検討するとのことです。

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です