【2019年4月15日のニュース】楽天の仮想通貨取引所「楽天ウォレット」が口座申込みを開始…他

話題の楽天ウォレットが口座申込みを開始、コインチェックがOTC取引に対象通貨を追加など、国内の話題の多い一日です。

それでは2019年4月15日の仮想通貨ニュースをお送りします。

楽天ウォレット、口座申込みの受付を開始

発表から話題となっている楽天の仮想通貨取引所、楽天ウォレットが口座開設申込みを開始したことを発表しています。

当社は、2019年4月15日(月)より、新たなウェブサイト(以下、「新サイト」)を公開いたしましたことをお知らせいたします。
また、かねてよりお知らせしておりました通り、新サービス「楽天ウォレット」の口座申込の受付を開始いたします。

また、2019年3月25日(月)付で関東財務局への仮想通貨交換業者の登録が完了したことも併せて発表しています。

同社は今後スマートフォンアプリの提供予定(時期未定)があることも記載しています。

コインチェックのOTC取引に「XRP」「ETH」追加

コインチェックで2019年4月1日からBTCを対象に開始された大口OTC(店頭)取引サービスで、新たにXRP(リップル)とETH(イーサリアム)を追加したことを発表しています。

取引時間は平日10:00〜15:00までで、

  • 大きな金額の仮想通貨を一括で素早く取引することが可能
  • 魅力的な価格での取引が可能

としています。

また今後も対象通貨の追加は随時検討していくとあり、取扱通貨数の多い同社だけに他通貨の対応へも期待が寄せられています。

バイナンスCEO、Bitcoin SV上場廃止を示唆

大手取引所Binance(バイナンス)のCEO CZ(ジャオ・チャンポン)氏がTwitterでBitcoin SVの上場廃止を示唆しています。

Craig Wright is not Satoshi.

Anymore of this sh!t, we delist!


クレイグ・ライトはサトシではありません。

もうこの sh!t、除外!

Bitcoin Cashからのハードフォークで誕生したBitcoin SV(SVはSatoshi Visionの略)を率いているCraig Wright(クレイグ ライト、自称ナカモト サトシ)氏へ向けた発言と見られます。

参考·引用 :
CZ Binance | Twitter

ビットコインSV廃止運動広がる

CZ氏のTwitter上での発言を受け、ビットコインSV廃止を働きかける動きが広がりを見せています。

日本のファンドが韓国の仮想通貨取引所に200億円を出資

日本のブロックチェーン投資ファンドが、韓国取引所ビッサム(bithumb)へ220億円を超える出資を行ったと、コインテレグラフジャパンが単独で報じています。

日本のブロックチェーン投資ファンド「STブロックチェーンファンド」が、韓国の仮想通貨取引所ビッサムの親会社に2億ドル(約220億円)を出資した。コインテレグラフ日本版に共有されたビッサムの親会社ブロックチェーン・エクスチェンジ・アライアンス(BXA)のプレスリリースから明らかになった。

「STブロックチェーンファンド」は、金融ライセンスをもつ日本の投資家が中心となって立ち上げたファンドだ。BXAによると、「STブロックチェーンファンド」とは、クロスボーダーで(国境を超えて)低価格で価値を効率的に移転できるグローバルなデジタル取引プラットフォームの構築というビジョンを共有。今回の出資につながったという。

Bithumbは2018年6月20日にハッキングを受け被害額は18.7億円(当初の報道では34.5億円)に上り、また同年セキュリティ管理の不備を指摘され訴訟を起こされていましたが勝訴という結果になっています。

ウィキリークスへの寄付が急増

内部告発サイトとして有名な「ウィキリークス」のジュリアン・アサンジ氏の逮捕後、同サイトへのビットコイン寄付が急増していると報じられています。

アサンジ氏はビットコイン支持派で、これまでにもビットコインなどの仮想通貨による寄付を呼びかけています。
今回の逮捕後ウィキリークスは、改めてウィキリークスへの募金を呼びかけています。

参考·引用 :
Cointelegraph Japan

国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱数!

Coincheck(コインチェック)

  • 国内トップクラスの豊富な通貨取扱い数が魅力!
  • 「貸仮想通貨」なら最大年率5%が貰える!
  • マネックスG傘下で安心の国内老舗取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です