【2019年4月22日のニュース】ザイフ、モナコイン現物取引再開へ…他

国内の仮想通貨取引所Zaifがハッキング事件以降久しぶりとなるモナコインの現物取引再開を発表。

またbitFlyerがレバレッジ倍率の変更延期をアナウンスしています。

また海外からもイーサリアムの創設者ヴィタリックの「面白い事実」や、昨年女子テニスプレーヤーの大阪なおみ選手と全米・オープン決勝戦にて破れた元テニス世界女王「セリーナ・ウィリアムズ」がコインベースへ投資した事実が報じられるなどホットな話題が届いています。

それでは4月22日月曜日の仮想通貨ニュースをお送りします。

Zaif、モナコイン取引再開へ

ザイフが自社サイトの「お知らせ」にてフィスコ社への事業承継が2019年4月22日(月)13時に終了することをアナウンスし、その中でモナコインの現物取引が2019年4月23日より再開予定であると発表しています。

同社は2018年9月の不正アクセスによってBTC、MONA、BCHの3通貨で計約70億円相当が流出しており、同年10月10日よりMONA(モナコイン)の取引および入出金を停止しています。

bitFlyer、レバレッジ引き下げを延期へ

bitFlyerが業界規制に合わせ予定していたレバレッジ引き下げを延期したことを発表しています。

延期の理由いついては下記を挙げています。

  • 新システムに不具合が見つかったため、延期を決定。
  • 新しい日程については決まり次第アナウンス。
  • メンテナンスの終了は変わらず、午前 6 時頃を予定。

トム・リー氏、「アルトシーズン」の条件を解説

米投資ファンドFundstrat社の創設者であるThomas Lee(トム・リー)氏がTwitter上でアルトコインの強気相場(アルトシーズン)の開始条件を解説し話題となっています。

2015年以降にアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が上昇する「アルトシーズン」は4度確認されていて、その条件としてアルトコインとビットコインの相関性が下がった時に、アルトコインの上昇が見られると解説しています。

参考·引用 :
Thomas Lee – Twitter

10年後の平均給与ランキング予想 – 4位に「ブロックチェーンエンジニア」がランクイン

大和証券グループ本社が100%出資する銀行「大和ネクスト銀行」が行ったアンケートにより、最近話題の職業のうち10年後の平均給与が高いと思う職業の4位に「ブロックチェーンエンジニア (仮想通貨の取引に関わるシステムの技術者) 」 (7.0%)がランクインしました。

本アンケート結果は同行が1,000名の回答者を対象に実施したもので、ブロックチェーンエンジニアの知名度の高さと多くの人が10年後に需要が増しているだろうと予想していることが窺われます。

同アンケート結果は下記の通りです。

  • 01位 : リモート医療ドクター
  • 02位 : ロボットクリエイター
  • 03位 : YouTuber
  • 04位 : ブロックチェーンエンジニア
  • 05位 : VRクリエイター
  • 06位 : eスポーツ選手
  • 07位 : ドローン操縦士
  • 08位 : 自動運転車整備士
  • 09位 : 3Dプリント技術者
  • 10位 : バーチャルアイドルマネージャー

ヴィタリック、Ripple社のインターンになろうとした過去を告白

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の創設者Vitalik Buterin(ヴィタリック ブテリン)氏がTwitter上にて「楽しい事実」として、過去にRipple社のインターンを申し込もうとしていたと告白し大きな話題となっています。

Fun fact: I tried to be an intern at Ripple back in the day (mid 2013), but US visa complications having to do with the fact that the company had only existed for 9 months and the minimum was 1 year stopped me.


楽しい事実:私はその日(2013年半ば)にリップルでインターンになろうとしましたが、米国ビザの合併症は会社が9か月しか存在せず、最低1年だったという事実に関係しています。

このTweetに業界関係者が反応を見せ、イーサリアムと同じくプラットフォームでありライバル関係にあるトロンのJustin Sun(ジャスティン サン)氏は「もし本当なら仲間になっていたね」とコメント。

またRipple社の最高技術責任者(CTO)のDavid Schwartz(デビッド シュワルツ)氏も反応し、「また申し込まないか?」とコメントしています。

参考·引用 :
Vitalik Buterin – Twitter

元テニス女王セリーナ、コインベースへの投資を公表

元女子テニス世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズが自身の投資ファンドの投資先を公表し、その中に米取引所のコインベースが含まれていました。

Serena Ventures invests in companies that embrace diverse leadership, individual empowerment, creativity and opportunity.


Serena Venturesは、多様なリーダーシップ、個人の地位向上、創造性および機会を受け入れる企業に投資しています。

セリーナ・ベンチャーズの公式サイトには上記のようにあり、セリーナが今後も仮想通貨関連企業へ投資を行うのか注目が集まっています。

国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱数!

Coincheck(コインチェック)

  • 国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱い数が魅力!
  • 「貸仮想通貨」なら最大年率5%が貰える!
  • マネックスG傘下で安心の国内老舗取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です