SegWit2xが12月28日にハードフォークを行うことを発表!

SegWit2xのハードフォークが2017年12月28日に行われることをB2X (SegWit2x) チームが公式サイトにて発表しました。

公式サイトではすでにロードマップなどSegWit2xの情報が公開されています。

B2X (SegWit2x) — Hard Fork Bitcoin | The Best Cryptocurrency

元々2017年11月16日頃のハードフォークを予定していたSegWit2xですが、11月9日遅くに突如中止を発表しました。

それまでのSegWit2xへの期待の高さからの影響か、中止直後にBitcoinの価格が急騰後下落し、一時70万円台後半にまで落ち込みました。

SegWit2xの誕生により今後のBitcoin価格へどのような影響を与えるか、またマイナーや投資家の支持を多く得るのはBitcoinや、ビットコインからフォークして誕生したBitcoin Cash、Bitcoin Gold、そしてSegWit2xなどの中でどれになるのかを含め、フォークコインは今後も注目を集めそうです。




ハードフォークで新コインをもらおう!

ビットコインからハードフォークして生まれる新しい仮想通貨は、取引所によって対応が異なります。

1POINT! - ハードフォークの「付与」とは?
Bitcoin(ビットコイン)からハードフォークして誕生する新しい仮想通貨ですが、「付与の条件」があります。

一般的には「誕生するまでに保有していた(その取引所に預けていた)ビットコインと同数の新コインが貰えます。

ビットコインを持っている(預けている)だけで無料でもらえることや、12月現在で30万円を超える価格になっている「Bitcoin Cash」(ビットコインキャッシュ)の例などから、最近では将来有望なフォークコインの「付与」を求める動きがユーザーの間で活発になっています。

取引所によっては「付与」しないことも!
人気のフォークコインの「付与」ですが、取引所によっては「付与」しない対応が多いです。

アナウンスされる理由としては「安全性」が保証されていないということがほとんどですが、新コインを自分の取引所で扱うことはイコールそのコインを支持するということになるため、新コインのコミュニティとの関連性、マイナーグループや既存のコミュニティとの関係性などから付与(取り扱い)を避けることがほとんどです。

フォークコインがもらえるおすすめ取引所 – Binance

  • 今までのフォークコインをほぼ全て取り扱ってきた実績あり!
  • 世界の取引高2位だから取引が活発で板が厚い!
  • 今大人気の通貨「Verge」(XVG)の取り扱いもあり!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です