bitFlyerのプライベート・ブロックチェーン「miyabi」が日本経済新聞に掲載!

国内取引所の最大手「bitFlyer」(ビットフライヤー)の「miyabi」が掲載され話題となっています。

2016年12月に発表されたbitFlyerの「miyabi」が日本経済新聞に掲載され話題となっています。

miyabiには下記のような特徴があります。

  1. 改竄不可能性(Immutability)
  2. ファイナリティー(Finality)
  3. ビザンチン耐性(BFT)
  4. 単一障害点(Single Point of Failure)
  5. スマートコントラクト
  6. 災害対策(高可用性)
  7. パフォーマンス(スループット)
  8. 遅延(レイテンシ)

2016 年 11 月 30 日にデロイト トーマツ コンサルティンググループより発表された「ブロックチェーン研究会による「国内の銀行間振込み業務におけるブロックチェーン技術の実証実験に係わる報告書」について」において実験環境として言及されています。

特にビザンチン耐性(BFT、ビザンチンフォールトトレラント)は、コンセンサスアルゴリズムの問題としてイーサリアムなどでも議論される有名なものですが、miyabi はプライベートブロックチェーンであるためビザンチン耐性(BFT)を備えた純然たるブロックチェーンとなっています。

新規上場通貨の話題といい、2018年もbitFlyerの存在は国内仮想通貨市場になくてはならない存在となりそうです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • 大手メガバンクが株主で安心安全のセキュリティ!
  • ビットコインFXやビットコインをもらうなど初心者でも始められる!
  • 上場後に価格急騰することから「ビットフライヤーに上場 = 信頼できる通貨」の基準になりつつある!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です