【世界初】リップルを基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動!

リップルを基軸通貨としたエストニア拠点の仮想通貨取引所XRP Unitedが始動しました!


Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本!

2018.10.13

世界で初めてリップルを基軸通貨とした取引所が誕生!

XRP Unitedはエストニアで認可取得済みの取引所

Ethereum world newsによると10月23日、リップル(XRP)を基軸通貨とした仮想通貨取引所が始動しました。

取引所の名前は「XRP United(XRP ユナイテッド)」で、仮想通貨先進国として知られるエストニアに拠点を置いています。
コミュニティサイトDiscord上では、創業者とみられるアカウントとのチャットが活発に行われており、ユーザーからの質問やそれに対する回答などを見ることができます。

4秒で決済完了

いつでも、どんな場所からでも4秒で送金ができることを強調したPR動画もかっこいいです。

取り扱い通貨は5種類・4ペア

XRP Unitedでの取引ペアは下記の通りです。

取引4ペア

  • BTC/XRP
  • ETH/XRP
  • BCH/XRP
  • XMR/XRP(Moneroウォレット対応後に取引可能予定)

法定通貨の対応は現状EUR(ユーロ)のみとなっていますが、XRP Unitedの創業者とされるP3T3RIS氏はコミュニティサイト上にて、今後も対応通貨を増やしていく考えを発言しています。

XRPに注目集まる

Ethereum world newsによると、XRP Unitedの主な目標はデジタル資産のユースケースを世界標準に進化させることとしています。
これは既存の国際送金をまとめる国際銀行間金融通信協会(SWIFT)の存在を揺るがしつつあるリップル社の送金システム「xCurrent、xVia、xRapid」を統合した「RippleNet」の理念と合致します。

日本にもファンの多いRippleが基軸通貨として浸透するようになれば、流通量が増え、ポジティブなニュースによって期待値と共に価値の上昇が期待されます。
また、XRPコミュニティーはデジタル資産を取引所の基本通貨として追加するようBinanceに要請しているということもあり、今後もリップル需要が高まっていきそうです。

ツイッターの声



おすすめの取引所はこちら!

BITPoint(ビットポイント)

  • 取引&送金手数料無料!ビットコインはもちろんリップル(XRP)の取り扱いもあり!
  • レバレッジ最大25倍!さらに「MT4」も使える!スマホ&PCの取引ツールも豊富!
  • 「損益計算ツール」が使えるので初心者から上級者まで安心して取引できる!

3,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン開催中!

bitpointキャンペーン

BITPoint(ビットポイント)の、ビットコインが貰える「プレゼントキャンペーン」が継続!

ビットポイントでは、キャンペーン期間内の口座開設と入金を完了したユーザーを対象に3,000円相当のビットコインをプレゼントする「オータムキャンペーン」を開催中です!

  • キャンペーン期間
  • 2018年10月09日(火)0時 ~ 2018年11月30日(金)16時
  • プレゼント進呈日
  • 2018年12月21日(金)を予定
期間限定のキャンペーンですので、BITPOINTへの登録がお済みでない方は、お早めの登録をおすすめします!

3,000円分のビットコインが貰える!ビットポイントの「オータムキャンペーン」開催中!

2018.11.13

【画像有り】BITPoint(ビットポイント)に登録して「3,000円」のビットコインを貰った話【BTCプレゼントキャンペーン!】

2018.09.30

Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本!

2018.10.13

Money Tapリリース!マネータップで24時間365日手数料無料で即送金可能に!

2018.10.05

バイナンスの格付けレポートでXRPがBTCを上回り1位を獲得!

2018.10.03

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です