【2019年5月14日のニュース】Bakktがビットコイン先物取引のテスト予定を発表…他

ビットコインETFで有名なBakktが、とうとう開始に向けたテストを発表しました!

それでは2019年5月14日(火)の仮想通貨ニュースをお送りします。

Bakktが7月にテストを予定していると発表

世界最大の証券取引所であるNew York Stock Exchange(ニューヨーク証券取引所、NYSE)の親会社Intercontinental Exchange(インターコンチネンタル取引所、ICE)が手がける仮想通貨プラットフォームBakkt(バックト)が7月にビットコイン先物のテストを予定していることを正式にアナウンスしています。

User acceptance testing for bitcoin futures custody and trading planned for July

In conjunction with our exchange and clearing partners at ICE, we’ll be working with our customers over the next several weeks to prepare for user acceptance testing (UAT) for futures and custody, which we expect to start in July.
We’ll provide more details in upcoming posts, but we expect to use UAT to ensure that customers have time to onboard and can test the trading and custody model we’ve built to their satisfaction.


7月に予定されているbitcoin先物保管および取引のユーザー受け入れテスト

ICEの交換および決済パートナーと協力して、今後数週間にわたって顧客と協力して、先物および親権のユーザー受け入れテスト(UAT)の準備を進めます。これは7月に開始される予定です。
今後の記事で詳細を説明しますが、UATを使用して、顧客がサービスを受ける時間を確保し、私たちが構築したトレーディングおよびカストディモデルを自分の満足のいくようにテストできるようにします。

Bakktへの期待から度々ビットコイン価格にも影響を与えたとも見られていますが、今回のBTC価格急騰にも影響を与えている、いわゆる「Bakktへの期待上げ」ではないかとの見方もあります。

米Conferenceで仮想通貨決済アプリを発表 – Flexa

米NY州に拠点を置くブロックチェーンのスタートアップ企業Flexa(フレクサ)が、アメリカで開催された大型のカンファレンスで仮想通貨決済アプリを発表し、すでに15のブランド(企業)と提携していることを併せて発表しています。

提携している企業にはAmazon子会社のスーパーマーケットチェーンWHOLE FOODSや、日本でもお馴染みのサーティワンアイスクリームを運営するbaskin robbins、革靴メーカーのREGALなども含まれています。

CoinbaseがNY州でもXRP取引対応を発表

ニューヨーク在住のコインベースユーザーはXRP(XRP)を利用できます。
New Yorkersはログインしてhttp://Coinbase.comで、または当社のiOSおよびAndroidアプリを使用してXRPを購入、販売、変換、送信、受信、または保存することができます。

XRPが上場した日本時間2月28日時点ではイギリスと米ニューヨーク居住者はXRP取引が利用出来ない状態でした。

ユーザー数も多い米ニューヨークでもとうとうXRP取引が開始されたことになります。

国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱数!

Coincheck(コインチェック)

  • 国内トップクラスの豊富な通貨取扱い数が魅力!
  • 「貸仮想通貨」なら最大年率5%が貰える!
  • マネックスG傘下で安心の国内老舗取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です