【2019年5月22日のニュース】Satoshi Nakamotoの正体が判明?…他

自称SatoshiでBitcoin SV派のクレイグ氏が、米国でBitcoinのWhite Paperの著作権を取得とのニュースが舞い込んできています。

それでは2019年5月22日(水)の仮想通貨ニュースをお送りします。

Craig S. Wright、Bitcoin White Paper著作権を申請、許可 – CoinGeek

Bitcoinの生みの親Satoshi Nakamotoは自分だと主張してきているCraig S. Wright(クレイグ ライト)氏がBitcoinのホワイトペーパーの著作権登録を米国で申請し許可されたとCoinGeek(コインギーク)が報じています。

Craig S. Wright has been granted U.S. copyright registrations for the famed original Bitcoin white paper, and most of the original Bitcoin code (version 0.1). Importantly, the registrations issued by the U.S. Copyright Office recognize Wright as the author – under the pseudonym Satoshi Nakamoto – of both the white paper and code. This is the first government agency recognition of Craig Wright as Satoshi Nakamoto, the creator of Bitcoin. In addition to being Bitcoin’s creator, Wright is currently Chief Scientist of nChain, the global leader in advisory, research and development of blockchain technologies, which focuses on massive adoption of Bitcoin in the form of Bitcoin SV (Satoshi Vision).


Craig S. Wrightは、有名なオリジナルのBitcoinホワイトペーパー、およびほとんどのオリジナルのBitcoinコード(バージョン0.1)に対する米国の著作権登録を許可されています。重要なことに、米国著作権局によって発行された登録は、ホワイトペーパーとコードの両方の著者として、 – 仲間智の仮名の下で – ライトを認めています。これは、Bitcoinの作成者であるNakamoto氏として、Craig Wrightが最初に承認した政府機関です。Bitcoinの創作者であることに加えて、現在ライトはブロックチェーン技術の諮問、研究と開発の世界的リーダーであるnChainのチーフサイエンティストであり、Bitcoin SV(Satoshi Vision)の形でのBitcoinの大量採用に焦点を合わせています。

この報を受け、クレイグ氏が中心となっているBitcoin SV(BSV、Bitcoin Satoshi Vision)の価格が急騰しました。

仮想通貨関連法案が衆院通過、呼称変更など – 日経新聞

仮想通貨、「暗号資産」に 証拠金取引の規制対象に追加 金融商品取引法改正案が衆院通過

仮想通貨の交換業者や取引に関する規制強化策を盛った資金決済法と金融商品取引法の改正案が21日、衆院本会議で可決し、参院に送付された。
今国会で成立する見込みだ。
仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に変え、少ない元手で多額を売買できる証拠金取引の規制対象に加える。

仮想通貨(暗号資産)に関する資金決済法と金融商品取引法の改正案が、21日に衆院本会議で可決し通過したと日本経済新聞が報じています。

仮想通貨を「暗号資産」と呼ぶように変更することや、デリバティブ取引(先物取引、スワップ取引、オプション取引など)についても明記されています。

第一条 資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号)の一部を次のように改正する。

  目次中「仮想通貨」を「暗号資産」に、「第六十三条の二十-」を「第六十三条の十九の二-」に改める。

  第一条中「仮想通貨の交換等」を「暗号資産の交換等」に改める。

  第二条第五項中「仮想通貨」を「暗号資産」に改め、同項各号列記以外の部分に次のただし書を加える。

第百九十七条第二項を次のように改める。

 2 次の各号のいずれかに該当する者は、十年以下の懲役及び三千万円以下の罰金に処する。

  一 財産上の利益を得る目的で、前項第五号の罪を犯して有価証券等の相場を変動させ、又はくぎ付けし、固定し、若しくは安定させ、当該変動させ、又はくぎ付けし、固定し、若しくは安定させた相場により当該有価証券等に係る有価証券の売買その他の取引又はデリバティブ取引等を行つた者(当該罪が商品関連市場デリバティブ取引のみに係るものである場合を除く。)

  二 財産上の利益を得る目的で、前項第六号の罪を犯して暗号資産等の相場を変動させ、当該変動させた相場により当該暗号資産等に係る暗号資産の売買その他の取引又は暗号資産関連デリバティブ取引等を行つた者

Tether社がNYSCに訴訟の棄却を出願

出願された内容によると、Tether社はニューヨーク州に拠点を置いて活動していない為、ニューヨーク州の最高裁判所は管轄外だとしています。

13. The Tether Terms of Service state in pertinent part:
The following Persons are prohibited from depositing to, or withdrawing from, any Digital Tokens Wallet on the Site:

any Person that resides, is located, has a place of business, or conducts business in the State of New York;
U.S. Persons. Any individual who is a U.S. Person and any entity that is a U.S. Person is prohibited from using the Site or any Services, including but not limited to using a Digital Tokens Wallet on the Site. Exceptions to this policy may be made by Tether, in its sole discretion, for Eligible Contract Participants only, which shall be
customers solely of TLTD.
For the avoidance of doubt, as defined above, U.S. Persons (including but not limited to United States Citizens or United States Residents) are prohibited from using the Site or any Services.


13.テザー利用規約の該当部分:
以下の人物は、本サイト上のデジタルトークンウォレットへの入金またはそこからの退会を禁じられています。

ニューヨーク州に居住し、居住し、居住し、事業所を有し、または事業を営む者。
アメリカ人 米国人である個人および米国人であるエンティティは、本サイトでのデジタルトークンウォレットの使用を含め、本サイトまたは本サービスの使用を禁じられています。 この方針の例外は、Tetherが独自の裁量で、適格な契約参加者に対してのみ行うことができます。
TLTDのみのお客様。
誤解を避けるために、上記で定義したように、米国人(米国市民または米国居住者を含むがこれらに限定されない)は、本サイトまたは本サービスを使用することを禁じられています。

国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱数!

Coincheck(コインチェック)

  • 国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱い数が魅力!
  • 「貸仮想通貨」なら最大年率5%が貰える!
  • マネックスG傘下で安心の国内老舗取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です