【2019年5月20日のニュース】Facebookが自社通貨を商業登記、9年前に1万BTCでピザを買った男が今の気持ちを告白…他

米放送局CBSが人気番組でビットコインを特集し、約9年前に1万BTCでピザを購入した男性にインタビューしました。

また、Facebookの独自仮想通貨「Libra」が商業登記されたとのニュースが報じられています。

それでは2019年5月20日(月)の仮想通貨ニュースをお送りします。

9年前に1万BTCでピザを買った男が今の心情を告白 – CBS News

米CBSテレビの人気長寿番組の一つであるバラエティー「60 Minutes」(シックスティーミニッツ)がBitcoin特集を放送し、Bitcoinの歴史でよく語られる「1万BTCでピザを購入」した本人に今の気持ちをインタビューしました。

男性は現在の価格に換算すると合計8億ドル分をピザに費やしたとのことで、現在の価格を知っていればピザは買わなかったと話しています。

Remember: a bitcoin was worth less than a penny when Laszlo Hanyecz first traded bitcoin for pizza nine years ago. We calculated that if Hanyecz had held onto all the bitcoin he used back then to get various items, much of it pizza, by the time of our interview those bitcoins would have been worth…

Anderson Cooper: $800 million.

Laszlo Hanyecz: Yeah.

Anderson Cooper: So– okay. (CHUCKLE) Sorry, let me just get this straight. You spent about $800 million on pizza?

Laszlo Hanyecz: Well, if you look at today’s exchange rate.

Anderson Cooper: Are there nights you wake up, like, in a cold sweat, where– you– (CHUCKLE) think– “I could have had 800 million dollars if I hadn’t bought those pizzas?”

Laszlo Hanyecz: I think thinking like that is– is not really good for me.


覚えておいてください:9年前にLaszlo Hanyeczが最初にピザとbitcoinを取引したとき、bitcoinは1ペニーよりも価値がありませんでした。Hanyeczが当時の様々なアイテムを手に入れるために当時使用していたbitcoinをすべて保持していたとすると、インタビューの時点ではそれらのbitcoinは価値があるはずだった…

アンダーソン・クーパー:8億ドル。

Laszlo Hanyecz:ええ。

アンダーソン・クーパー:そうです、大丈夫です。(CHUCKLE)すみません、まっすぐこのままにさせてください。あなたはピザに約8億ドルを費やしましたか?

Laszlo Hanyecz:ええ、今日の為替レートを見れば。

Anderson Cooper:冷たい汗のように、あなたが目覚める夜はありますか?

Laszlo Hanyecz:私はそのように考えていると思います。

ステーブルコインUSDCの監査結果を公開 – Circle

Circle(サークル)社が、自社で発行しているステーブルコイン「USDC」の監査結果を公開しており、2019年4月30日午後11:59現在においてUSDCが米ドルで裏付けされていることを証明しています。

USD Coin (“USDC”) tokens issued and outstanding = 293,184,174 USDC
US Dollars held in custody accounts = $293,351,374
As of the Report Date and Time, the issued and outstanding USDC tokens do not exceed the balance of the US Dollars held in custody accounts

発行され未払いのUSDコイン(“ USDC”)トークン= 293,184,174 USDC
カストディアカウントに保持されている米ドル= 293,351,374ドル
レポートの日付と時刻の時点で、発行され未払いのUSDCトークンは、保管口座に保持されている米ドルの残高を超えていません。

法定通貨の価値と連動するステーブルコインにおいて、価値の裏付けの証明、透明性は必須課題と言え、ステーブルコインのシェアNo.1であるUSDTを発行しているTether社は度々その不透明性や疑惑を指摘されてきており、そのようなステーブルコイン界隈の状況においてCircle社は自社製ステーブルコインUSDCの透明性をアピールした形になります。

Facebook、スイスで独自仮想通貨を開発か – Cointelegraph

独自仮想通貨について正式な発表を行っていないFacebook(フェイスブック)ですが、スイスのジュネーブで商業登記されたことが明らかになっています。

Libra Networks S.à r.l. (Libra Networks GmbH) (Libra Networks LLC)

FACEBOOK GLOBAL HOLDINGS II, LLC

FacebookはLibra Project(リブラ プロジェクト)として法定通貨とペッグされた独自のステーブルコインの開発を進めているとされています。

大量の売り注文を調査へ – Bitstamp

17日にBTC価格が大幅下落した原因と目されている5000BTCもの大量売り注文についてBitstamp(ビットスタンプ)が調査を開始するとTweetしています。

Bitstampの影響でBitMEXの2億5000万ドルのロングポジションが決済される – The Block

BitMEXで使用されている価格には下記の5種類があります。

  • インデックス価格(Index Price)
    BitMEXは先物取引専門の取引所で、他の大手取引所BitstampとCoinbaseの2社の価格を基準として参照しています。
  • マーク価格(Mark Price) : 公正価格
  • 直近価格(Last Price) : 板取引の最新の約定価格
  • 参入価格(Entry Price) : 自分の取引が成立した約定価格
  • 清算価格(Liquidation Price) : 保有ポジションがロスカットされる価格

基準として参照しているBitstampのBTC価格が急落した為、2億5000万ドル(日本円で約275億円)の買い注文が決算され、そこからさらに他の取引所が下落したとThe Block(ザ ブロック)は報じています。

The price of Bitcoin on Bitstamp crashed by 18% from $7,600 to $6,250 from 2:58am UTC to 3:09am UTC; in just 11 minutes.
Bitstamp is one of the two exchanges that is used to determine the index price of Bitcoin on BitMEX, along with Coinbase. As a result, as the price crashed on Bitstamp, $250 million of long positions was liquidated on BitMEX, which further pushed down price on other exchanges.


BitstampのBitcoinの価格は、UTCの午前2時58分からUTCの午前3時9分までの間に、7,600ドルから6,250ドルまで18%クラッシュしました。わずか11分で。
Bitstampは、Coinbaseと共にBitMEXでBitcoinのインデックス価格を決定するために使用される2つの取引所のうちの1つです。
その結果、Bitstampで価格が急落したため、BitMEXで2億5000万ドルのロングポジションが清算され、他の取引所の価格がさらに下落しました。

カナダ規制当局の提案に反論 – Kraken

Krakenは、CSAおよびIIROCによって公表された暗号化資産取引プラットフォームのための提案されたフレームワークに公的に応じて、暗号通貨交換にセキュリティ法のフレームワークを課すことを強く推奨します。

IIROC(カナダの投資業界規制機関)とCSA(カナダの証券管理局)が提案する仮想通貨規制に対して、海外の大手取引所Kraken(クラーケン)が反論する書面を公開しています。

This means, critically, that the customer’s interest is not derived from the underlying asset – it IS the underlying asset. The application of a securities law framework, accordingly, is both unnecessary and inappropriate to this structure.


つまり、顧客の利益は原資産から派生したものではなく、原資産です。したがって、証券法の枠組みの適用は不要であり、この構造には不適切です。

Kraken側の主張によると、提案された規制案は既存の証券法に基づくもので、暗号資産に対しては不適切なものであるとしています。

その理由として以下の4点を挙げています。

1. Contractual terms indicating that the relationship is in the nature of a custodial relationship;
2. Customer has the right to dispose of the assets at any time by transferring them off of the Exchange;
3. Contractual terms governing escheatment of the underlying asset; and
4. With respect to bank accounts holding customer funds, titling of the bank account as a “for the benefit of” (FBO) or “custodial” account, or similar wording.


1.関係が親権関係の性質のものであることを示す契約上の用語。
2.お客様は、資産を取引所から譲渡することにより、いつでも資産を処分する権利を有します。
3.原資産の安らぎを規定する契約条件 そして
4.顧客資金を保持している銀行口座については、「利益のために」(FBO)または「監護」アカウント、または同様の表現。

香港金融庁とタイ銀行がフィンテックコラボを発表 – 香港金融庁

The Hong Kong Monetary Authority (HKMA) and the Bank of Thailand (BOT) entered into a Memorandum of Understanding (MoU) on 12 May 2019 to foster collaboration between the two regulatory authorities in promoting financial innovation.


2019年5月12日、香港金融庁(HKMA)とタイ銀行(BOT)は、金融革新を促進するための2つの規制当局間の協力を促進するために覚書(MoU)を締結しました。

香港金融庁は中央銀行のデジタル通貨(CBDC)に関する共同研究プロジェクト、プロジェクトLionRock(ライオンロック)を発表しています。

1 Project LionRock was conducted by the HKMA in collaboration with the three note-issuing banks in Hong Kong, the Hong Kong Interbank Clearing Limited and the R3 consortium. The study aims to better understand the feasibility, implications, benefits and challenges of implementing a CBDC on a Distributed Ledger Technology (DLT) platform through exploring its use in domestic inter-bank payments, corporate payments at wholesale level, and delivery-versus-payment of debt securities settlement.


1プロジェクトLionRockは、香港の3つの紙幣発行銀行、Hong Kong Interbank Clearing Limited、およびR3コンソーシアムと共同でHKMAによって実施されました。
この研究は、国内の銀行間支払い、卸売レベルでの企業支払い、および配達対支払いでの使用を調査することにより、分散元帳テクノロジ(DLT)プラットフォームでCBDCを実装することの実現可能性、影響、利点および課題をよりよく理解することを目的とします。
負債証券の決済。

国内トップ「9種類」の豊富な通貨取扱数!

Coincheck(コインチェック)

  • 国内トップクラスの豊富な通貨取扱い数が魅力!
  • 「貸仮想通貨」なら最大年率5%が貰える!
  • マネックスG傘下で安心の国内老舗取引所!

SNSでみんなに教えよう!

テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です